読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Melodies

心なしかさみしいI love U

強く見えたきみ 強くなれなかったぼく

f:id:yuk0809:20150705120715j:image 

「じゃあ、これでさよなら」


そう言った彼女はぼくから何も受け取らなかった。ぼくに涙も見せなかった。


悲しくないのかと。惜しくないのかと。ぼくは彼女を責めるみたいに尋ねた。尋ねずにいられなかった。


彼女は、「何か残っているものがあるなら、きみの前からいなくなったりしないわよ」と微笑んで言った。





それでぼくは、彼女に会えるのは、本当にこれが最後なのだとようやく理解した。




「さよなら。元気でね」


そう言って。


彼女はそれきり振り返ることなく、丘を下りて行った。



彼女の背中が見えなくなるまで、ぼくはずっと立ちつくして見つめていた。


けれど、彼女は振り返らなかった。


彼女が見えなくなってからも、ぼくは案山子みたいにそこから長い間動くことができなかった。