読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Melodies

心なしかさみしいI love U

6月の防波堤

f:id:yuk0809:20150608170519j:plain

 

「待ってたよ」

 

防波堤にやってきたわたしにそう言った彼女の顔は、なんともそっけないものだった。

 

「そっけないって、これから入水するのに、笑って迎えてほしいの?」

 

そう言われたらわたしのほうが苦笑するしかなかった。たしかに。これから死ぬ二人が会ったとき、どんな顔をしたらいいんだろうね。

 

「最後に何か言葉はある?」

 

わたしは首を横に振った。だって、ここにいる二人ともがこれから死ぬのだから。わたしが言葉を残しても、この世界には残りはしない。

 

「そうだね。きっと、10年も経てばわたしたちのことを覚えている人はだれもいない。100年も経てば、それこそだれもかれも歴史になんて残らず忘れ去られる」

 

わたしは首肯した。

 

「それなら、なんでわたしたちは生まれてきたんだろう?わたしとあなたは何故であったんだろう?」

 

わたしは、考えてみた。けれど、今更そんなことはわかりはしない。

 

いや、答えは出ていた。だからこそ、わたしは6月の防波堤で、この結末を選んだんだから。

 

「そう……。それじゃあ、いこうか」

 

わたしは彼女に手を取られ、防波堤の上に立った。高い。怖い。

 

「いくよ」

 

彼女はためらわない。

 

「せーのっ!!」

 

手をつないだまま、まるで子供のころの遠足の記念撮影みたいにわたしたちは、跳んだ。

 

 

 

 

 

遠くで

 

 

 

 

 

 

12時を告げる教会の鐘の音が鳴っていた