読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Melodies

心なしかさみしいI love U

2012年11月27日

・「今日は気分がいいんだ」



・「そろそろ躁鬱病を疑え」








・ぼくの部屋で、ぼくと極楽鳥はブラックニッカを飲んでいた。珍しく、今日はぼくから鳥に連絡をした。









・「ぼくから話すなら聞いてくれるって言っただろう」



・「言わなきゃよかったな」



・「付き合えってくれよ。おごるから」



・「ブラックニッカでおごるからって、せめてジャックダニエルくらい持ってこいよ」







・文句をたれつつ鳥は付き合ってくれた。






・ぼくは鳥に、「ぼくは、こんなに弱くて情けない人間だったんだろうか」と訊いてみた。



・「弱いのは間違いねえな」



・鳥はドライに言った。



・「けど情けないかは知らねえ。おまえくらいの弱さは多分だれでも持ってんじゃねえの。だから少なくとも、それを引け目に感じたりする必要はないんじゃねえんだ?」



・「それは鳥も?」



・「俺は鳥だから知らねえ」



・鳥は左の翼をばっさばさとさせた。



・「ただな、引け目に感じたりすることはないが、てめえの弱さを恥じなくなったらそいつは終わりだ。乗り越えられなくても、消せなくても、それでも弱さってのは隠すべきだ。恥じるべきだ。けっして、晒すもんじゃない」




・ぼくは黙ってうなずいた。



・鳥はぼくから視線を外してタバコを吸った。



・「おまえは自分で自覚してる以上に鈍臭くて成長が遅いだけだよ。ここまで来たら取り返しがつかないものが多いんだから、開き直って自分のペースでやれや」



・「ああ……」



・ぼくはウィスキーをすすり、それでもなんだか涙がこぼれそうでタバコを咥えて火を点けた。




・「ありがとう」




・「うるせー、もっと酒もってこいや」